もはや人ごとではない!?ブラック企業の見分け方!

今、テレビ等のメディアで話題のブラック企業。ブラック企業という言葉もすっかり定着してしまいましたね。誰もがお世話になりたくないブラック企業ですが、案外身近なところにあるのかもしれません。自分の会社は大丈夫?ブラック企業の見分け方をお答えします。

  • この記事
    をシェア

  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • google+でシェア
  • はてぶでシェア
  • ブラック企業の実態は?

    ブラック企業の餌食にならないためには、自分で見極める力が必要

    ブラック企業とは、会社の利益の追求のために、従業員を酷使・使い捨てする企業のこと。具体的には、度を超えた長時間の時間外労働やノルマ、パワハラやセクハラなどで肉体及び精神を追い詰める等、とにかく劣悪な労働条件と非常な使い捨てが特徴。私たちは入社してひどい目に合う前に、ブラック企業を見抜く力が必要です。

  • いつも求人募集している!?

    募集条件が良すぎるところも要注意!?

    まずは、求人広告からブラック企業を見極めます。ブラック企業=労働環境が悪い&従業員を使い捨てるため、離職率が高く慢性的な従業員不足の会社が多いです。そのため、いつも求人広告を出しているところは注意した方がいいでしょう。ただし、中には業績に急成長による人員増加の可能性もあるので、その部分はチェックしましょう。

  • 求人広告の表現をチェックしよう!

    抽象的にな内容は要注意!

    ブラック会社の求人広告の特徴として、抽象的かつ大げさな表現が多様されていることが多いです。例えば具体的な仕事の内容ではなく(業務内容を乗せると募集がこないため)「熱意のある人」「若さとやる気」等の精神論を強調している会社も要注意です。また抽象的で万人受けしそう&妙に待遇が良い会社も何かある可能性大です。

  • 裁量が大きすぎる?

    裁量が大きい=やりがいだけど、責任が重いという反面も。

    「幹部候補生」「入社後すぐに経営に参加出来ます」このように、入社早々やりがいのある仕事をまかされるということは、入社すぐに責任の大きな仕事をまかされるということ。責任=リスクと考えると、はじめからあまり任されるのも大変です。

  • 簡単だけど、効果のある見分け方!

    調べれば出てくる情報ももちろんあります

    今やたいていの企業はWEBサイトを開設しており、ネットで検索するとすぐにその企業の情報は手に入ります。検索する際にブラック企業を見分けるコツをひとつ。企業名を入れた時に「ブラック」と出てくる会社は要注意ですね。火のない所に煙は立たないので、企業名+ブラックはブラックの可能性がかなり高いと思われます。

  • 入社前に職場見学をさせてもらいましょう

    充実した社会生活の為に

    いかがでしたか?自分の勤め先、思い当たる節がいくつかありましたか?もしまだ入社前の会社であれば、先輩&上司社員が働いている姿を見せてもらいましょう。可能なら社員の人に直接お話が聞けるといいと思います。また、自分の目でしっかり見てみることが大切だと感じますね。

  • この記事
    をシェア

  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • google+でシェア
  • はてぶでシェア

オススメの話題キーワード