脱NGヘアケア!おブスを捨ててキレイな髪に生まれ変わる方法

良かれと思ってやっていたヘアケアがおブスなヘアスタイルを作っていた!なんてショックなことがあるのです。自分のヘアケアの方法は本当に正しいのかを見直して、脱NGヘアケア!キレイな髪に生まれ変わりませんか?

  • この記事
    をシェア

  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • google+でシェア
  • はてぶでシェア
  • キレイな髪はトリートメントで作られると思っている

    トリートメントばかりにこだわってない?

    キレイを目指す女子にありがちな間違いケア。スキンケアなどにも共通しています。ツルッとなるとか、しっとりになるといった結果に導いてくれるアイテムばかりにこだわって、他のアイテムに目を向けていないってことありませんか?

    ヘアケアであれば、トリートメントには仕上がりや効果を求めてしっかりと選ぶけれど、シャンプーには気を使ってますか?実は、おブスなパサパサ髪で「トリートメントしてるのに・・・」と言っている女子ほど、シャンプーに気を遣っていないものです。洗浄力を重視!で洗っていたら、髪の必要成分を汚れと一緒に削ぎ落としてしまうことになります。傷ついた髪にトリートメントしても効果は得られません。ベースをきちんとしてから、プラスアイテムを使う、美容の基本です。シャンプーはノンシリコン系をチョイスしたり、美容師さんに髪に合ったおすすめのシャンプーを訊いてみましょう。

  • 前髪がイマイチ決まらない!何を使って直してる?

    プロのおすすめはやっぱり違う!

    前髪が決まらないとヘアスタイルは締まりません。ちょっとセットしなおすとき、どんなアイテムを使っていますか?ミストなどを使う人もいるかもしれませんが、とりあえず、水で濡らすという人が多いのではないでしょうか?しっかりセットしたいと思っているのに、前髪をささっと濡らして、ドライヤーやカーラーでセット。しかし、しっかりと前髪のクセを取り除かないと、キレイには仕上がりません。

    美容師さんおすすめのケア法が、「ホットタオル」です。水で濡らすだけとは効果が全く違います。濡らしたタオルをレンジでチン!10秒くらいで十分です。それを前髪の根元を蒸すような感じで被せます。すると、蒸気で髪の根元にしっかりと水分が行き渡るので、驚くほど前髪のクセが取れてきれいなセットができるのです。ちょっとしたひと手間ですが、キレイのためなら温めて、蒸しての合計30秒くらいはかけられますよね。

  • 洗い流さないトリートメントのつけ方は?

    これ自分の髪?と驚いてしまうかも

    洗い流さないトリートメント、アウトバストリートメントを使ってさらにしっとり仕上げるのは今や常識。ですが、どんなつけ方をしていますか。髪を下ろした状態でぱさついた毛先につけているという人が大半だと思います。

    しかし!これでは髪にまんべんなく行き渡っていません。手につけて毛先にきゅっとつけるだけではむらが出るのです。ヘアアレンジでもきれいな仕上がりにするためにひと手間を加えます。それが、ブロック分けです。これがあるのとないのとでは仕上がりが格段に違います。

    洗い流さないトリートメントをつけるときには上下左右と4つのブロック分けをしましょう。やや濡れている時に手でしっかりとしみこませて行くのがポイントです。ハーフウェットな状態につければ浸透率はUPします。ただつけているだけでは、キレイな髪は生まれませんよ。

  • 使っているだけで満足がNGのもと!

    ちょっとひと手間が基本です

    ヘアケアでもスキンケアでもおブスな結果を招いてしまっている人に多いのが、イイと言われているコトをとりあえずやっている、評判のイイアイテムをとりあえず使っているということ。ただ使っているだけなのです。これではキレイは生まれません。効果、効能をしっかり理解しないと、無駄なことをしているのと一緒なのです。せっかくいいものを取り入れているなら、キレイになるように使ってみましょう。NGなヘアケアは今すぐストップ!です。

  • この記事
    をシェア

  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • google+でシェア
  • はてぶでシェア