色選びを間違えている残念なNGファッション4選

「あ~残念」と思うNGファッションには、色選びに失敗しているという場合が多くあります。これが正解!それは不正解!があるわけではないですが、最低限押さえておきたい色の組み合わせ方のポイントなどをご紹介します。

  • この記事
    をシェア

  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • google+でシェア
  • はてぶでシェア
  • 単色コーデは着こなしが難しい

    アクセでキチンとポイントつけてます

    単色だったら色の失敗なんてないのでは?と思っていませんか?単色を選ぶ場合に多いのがワンピース。ですが、単色のシンプルなワンピースをさらりと着こなしてカッコよく決まるのは、何も飾る必要のない「素材のイイ人」です。美人のモデルさん、きれいな女優さん、洋服以外で目を引く魅力のある人です。

    着飾ることで仕上げをしている一般人は、やはり、ちょこっと工夫が必要です。シンプルなワンピのときには、必ず、ポイントを忘れずに。アクセなどの小物でコーデを引き締める部分を作っておきましょう。

  • 2色使いには参考にすべきものがある!

    色相環はこんな感じ

    次に2色使い。センスのない人は感覚に頼っていてはいけません。便利なグッズは使いましょう。色合わせの参考にしたいのが、「色相環」というもので、簡単に言うと色の相性が分かるチャートです。相性の悪いものを選んでいる場合があるので、しっかり確認してみましょう。

    ちなみに相性が悪い色を「補色」と言います。色相環では反対側に位置しているものです。個性が強いもの同士でぶつかり合い、喧嘩してしまう色です。補色が一番好きな色の組み合わせと言う人は、個性がしっかり出ていれば着こなせるかもしれませんが、ファッションセンスに少しでも不安があるなら、避けるのが無難です。

  • 3色使いはバランス感覚が問われる!

    ペイズリーはデニムと合わせると失敗ほぼなし!

    柄物などをチョイスすればカラーはたくさん入ってしまいます。そこはカラーの数には入れません。ファッションの基本、それは、柄に使われている色を1色、持ってきて合わせるか、無彩色といわれている白、黒、グレーを合わせるのが基本です。絶対やってはいけないことは、柄物の中に入っていない色を合わせ色に持ってくること、もちろん、柄物×柄物もNGです。

  • ゴールド&シルバーの上手な使い方

    ゴールド×鮮やかブルーは相性抜群!

    アクセサリーで使うことの多いゴールドと、シルバー。アクセだからどんなものにも基本は合うはずですが、避けたほうがイイ組み合わせだけは、チェックしておきましょう。

    ゴールドは暖色系や濃いめのはっきりした色、そして、ゴールドと同じく黄色みがかったものなどとの組み合わせがぴったりです。相性が良くないのは青みがかった薄い色。女子たちが春先に愛用する青みがかったパステルカラーは実は相性が良くありません。パステルにも種類があるのでしっかり使い分けましょう。ちなみに鮮やかなブルーとは相性抜群!です。

    シルバーは、寒色系の色、そして、薄めのソフトな色、青みの強い色とよく合います。黄色みが強い色、ブラウンなどとの相性は良くありません。実際に組み合わせ見るとわかるようにしっくりこないのです。ブラウンに合わせるときには、赤みがかったものを合わせてみましょう。肌になじむ感じに仕上がります。

  • 失敗から学びましょう!

    パステル×柄物上手な組み合わせ!

    色の組み合わせは難しいから、失敗を避けるために単色選びだけになっているという人は要・注意。単色ほど難しいものはありません。ご紹介したNGな組み合わせだけは避けて、ファッションの基本コーディネート2~3色の組み合わせは楽しんでみてください。失敗したら、NGだったんだなと反省して、次に生かせばいいのです。無難なコーデでつまらないファッションをするよりも、時には失敗しながらも自分に合うものを探している人の方が、可愛げがあるものです。

  • この記事
    をシェア

  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • google+でシェア
  • はてぶでシェア