「好きを仕事に」を成功させるために意識しておきたいこと

好きなことを仕事にして楽しくやっていきたい、誰もが夢に描くことですよね。しかし、好きなことだから仕事にしないでおけばよかったと思うことの方が多いのが現実だったりもします。「好きを仕事」にする際に気にかけておきたいポイントをご紹介します。

  • この記事
    をシェア

  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • google+でシェア
  • はてぶでシェア
  • 仕事をする目的は楽しむため?

    どうして仕事をするのかを考えてみると・・・

    好きなことを仕事にしたいという人の多くは、楽しく働きたい!と思っているのでしょう。同じ働くのなら楽しい方がいいに決まっています。しかし、仕事は何のためにするのですか?と質問された時に「楽しむため」と答える人は少ないでしょう。

    何のために仕事をするのか、それはお金を稼ぐためです。これが仕事をすることの本来の目的です。目的が稼ぐことなのに、そこに楽しさを求めるというのは、考え方としては甘いのでは?と思いませんか?ちょっと視点を変えてみましょう。楽しく働きたい!楽しく仕事がしたいではなく、「好きなことを仕事にしてお金を稼ぎたい」。ここまでをセットにして考えるようにすれば甘さは少し薄れます。

  • 好きなことが仕事になっても嫌なことはあります

    いつでも好きなことをしていたい?

    例えば好きなことができる会社に入ったとします。映画、音楽、雑誌、漫画、ファッション、アニメ、ネイル、グルメなどなど。しかし、会社に入れば、その好きなことだけを作ったり、宣伝したり、販売したりするだけではないのです。好きなものに携わりたかっただけなのに、直接関わることができないなんてことは会社であればザラです。そんなときに理想と現実のギャップに大きく落胆してしまうのです。

    好きなことを仕事にして稼ぐ!と考えるとき、特に好きを重視したいなら、会社に入って楽しいことをして、お金をもらうといった甘い考えは捨てましょう。自分で起業するという手もあります。もちろん起業には保証がありません。でも実力さえあれば、自分の思い描く理想の「好きを仕事に」する近道なのです。

  • 本気で好きを仕事にしたいかを考える

    その気持ちは本物?

    実際に好きなことを仕事にして、お金を稼ぐという目的もしっかり果たしている人というのは、努力をしています。「好きなことを仕事にしたいな~」というセリフで止まっている人との違いは、行動力、努力、そして、しっかりとした目的を持ってプランが立てられることです。口で言っているだけでは、ただの戯言、夢物語でしかありません。

    本気で好きを仕事にして稼ぎたいなら、うれしいことに今の時代はかなり実現しやすくなっています。あとは本人のやる気次第。今の仕事がつまらないとか、イマイチなんて理由で「好きを仕事に出来たら・・・」と言っているのであれば、そのままその仕事を続けたほうが無難です。

    気持ちが本物かどうかしっかり見極めて、行動に移すようにしましょう。大人なので計画性のない見切り発車だけは避けましょうね。

  • コツコツ努力も必要です

    好きを仕事に!は楽な道ではありません

    好きなことを仕事にする、成功すればホントの楽しさが待っていますが、そこまでの道のりは楽しいことばかりではありません。しかし、好きだから面白くないことも必要があればできるという姿勢の人は、成功へと近づいていきます。好きなことをするというのはのびのび楽しそうですが、コツコツと努力することが何より必要なのです。

  • この記事
    をシェア

  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • google+でシェア
  • はてぶでシェア