持ち歩ける”美”で意識改革?万華鏡博物館

美しくなりたい、女子なら当たり前の感情だよね。でも、具体的に「美しい」ってナニよ?最近のファッションって、幅が広すぎて正直どれが正解か全然わかんない、って人も多いかも。そんなあなたに、誰もがキレイ!ということ間違いなしの「万華鏡」で美の見直しはいかが?

  • この記事
    をシェア

  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • google+でシェア
  • はてぶでシェア
  • 万華鏡って、キレイ。

    幻想的。

    埼玉県川口市にある万華鏡博物館は、破損しやすく保存が難しい万華鏡を2000点以上収集している万華鏡の博物館。「見るコース」と「作るコース」があり、万華鏡をじっくり楽しむことができる。友達や恋人とワイワイ楽しむのもいいけれど、おひとりさまで楽しむのもいい。普段、「美しい」モノに触れる機会って、現代にはほとんどない。でも、万華鏡博物館では日常を忘れて、美しさに身を委ねることができる。

  • わかりやすい「美」に触れる

    万華鏡の世界はキレイ!…そう感じるだけで十分なんです。

    いわゆる「芸術」として語られるモノって、素人には難解だ。正直全然キレイじゃないけど、とりあえずスゴイって褒めておけばいいか、って思うような芸術作品も世の中には多いものだ。でも、万華鏡はいたってシンプル。筒を覗き込めば、その人だけが楽しめる美しさが広がっている。誰とも共有できない分、その受け取り方はとってもシンプルだ。芸術に食傷気味のあなたでも、楽しめるはず。

  • 作るコースも楽しい

    こんな万華鏡もあるぞ

    万華鏡博物館では、「作るコース」で万華鏡作りを楽しむことができる。簡単な作りのものから、箱型の凝ったデザインのものまで、その時によって体験できるコースは様々だ。自分の美とじっくり向き合いながら、世界でたったひとつの万華鏡作りを楽しむのもいいかもしれない。予約時にコースを選ぶことができるので、自分の希望通りの万華鏡を作ることができるのだ。

  • 万華鏡博物館へ行こう

    美に触れるのって、楽しい。

    超満員の美術展もいいけれど、少人数予約制の静かな博物館は、また違った趣を楽しむことができる。ひとりでゆっくり楽しんでから、デートとして訪れるのもまた一興だ。何度も来たくなるような温かい時間が流れているのが、万華鏡博物館の魅力。万華鏡博物館でのひとときは、普段忘れがちな美しいものへの憧れや楽しさを、見直すきっかけになるかも。

  • この記事
    をシェア

  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • google+でシェア
  • はてぶでシェア