あなたは大丈夫?「香害」にしない美人の香りのまとい方

「あ、美人っぽい」となんとなく思わせるのはいい香り。つまり香水を嫌みなく使える女性の印象は美人の雰囲気になります。でも使いすぎると「香害」になってしまうので要注意!そこで上手に香りを使う方法をご紹介します。

  • この記事
    をシェア

  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • google+でシェア
  • はてぶでシェア
  • 香り美人は香水をオーラのようにまとうコツを知っている

    ふんわりと香水を使えたら印象は美人

    すれ違った瞬間、ふわっといい香りがしたら、どんな女性なのか気になりますし、勝手に美人なのでは?と思うものです。つまり「なんだかわからないけど美人」という印象がある女性は香り、つまり香水を上手に使う方法を知っています。肝心な香りのまとい方は、ふんわりと嫌みなく、漂わせることがポイントです。プンプンと香りが強引に先走ってしまうのは失敗だと心得ましょう。あくまでもさらりと気になるように、香りをふんわりと漂わせることが香り美人になるためのコツです。

  • 香水の使い過ぎは「香害」を周りに与える!

    いくらいい香りでも香水の使い過ぎは美人さを台無しに

    今、話題になっている「香害」は柔軟仕上げ剤の香りの強すぎることだけではなく、香水の使い方の間違いでも起こしてしまいます。これでは香り美人ではなく、「香害」の犯人です。つまりいい香りのはずなのに、悪臭になってしまいます。湿度の高い日本は特に香りがこもりやすく、香水の使い過ぎが「香害」の原因にもなりやすい傾向があるのです。適度にふんわりと薫るのではなく、過剰な香りが回りへの暴力になりやすいのです。

  • 香水を美人度アップに使うコツはここにあった

    ダイレクトに香水を薫らせないことが美人さをアピールさせる

    「香害」にせず香水を使い、香り美人になるためには、香りはひざ裏などの腰から下に少しだけ使うことです。もっとほのかに薫らせたい方は、コットンに香水を含ませて、ブラに挟んでもOK!すると香りがふんわりと漂う形で「香害」になりません。よくいう耳たぶや手首やひじの内側は香りが強く出やすいために好ましくありません。上品な印象にさせるのは、あくまでもさりげなさなのです。

  • 香り美人は香水を操って、雰囲気から美人を演出する

    上手な香水使いで印象を美人にしてみよう

    優雅に香水を使うためには使う場所も重要なポイントです。湿度の高い日本では香りがこもりやすいので、ほのかに香るくらいが美人な印象を与えるからこそ、使い過ぎにはご注意ください。上手に使えば印象に残るあなたになれます。

  • この記事
    をシェア

  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • google+でシェア
  • はてぶでシェア