思わず惚れてしまいそう!さりげない女性の気配り

周りの人に対して、気配りが出来る人は素敵です。自分に対する気配りが嬉しくない男性はきっといないはず。ただし、いきすぎてしまうとただのお節介になってしまうので注意が必要です。今回は思わず惚れてしまいそうになる、さりげない気配りをご紹介します。

  • この記事
    をシェア

  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • google+でシェア
  • はてぶでシェア
  • とにかくさりげなく!がポイント

    何気ない気配りこそが嬉しいのです。

    「同僚と何人かで食事に行った時、さっとテーブルを拭いてくれた。当たり前のことをさらっとやっているだけといった風で全く嫌みがないさりげなさにぐっと来た」

    「同じ部署の後輩が、お茶をいれてくれた。自分の分とついでだと言われたけれど、ちょっと一息つきたいところだったので、うれしかった。」

    「残業中に、お疲れさまとチョコレートをくれた。こちらの負担にならない程度の小さな気遣いが出来るところが素敵だと思った」

    やはりせっかくの気遣いも、いかにもだったりこれ見よがしだと嬉しさも半減してしまいますよね。あくまでも相手の負担にならないよう、さりげない・些細な気配りが喜ばれるのです。

  • 自分のことを理解してくれる人はたまらない

    そっとしておくのも気配りですね。

    「仕事で大きなミスをしてしまった時に、何も聞かずにごはんにつき合ってくれた同僚。無理に励ましたりせず、いつも通りの態度で接してくれたことで救われた。」

    「久しぶりのデートだったのに、仕事の忙しく疲れていたせいか、うっかりうとうとしてしまった。何も言わずに放っておいてくれた彼女のさりげない気配りにぐっと来た!」

    やはり誰だって自分のことを理解してくれていると嬉しいものです。自分のことをわかった上での気配りは嬉しくないはずがありませんよね。こちらのことをわかってくれている、この人は自分の理解者であると思うことで、心がふっと軽くなることや、一緒にいることで居心地の良さを感じさせてくれるのです。

  • 思いやりが感じられる人

    相手の立場になって考えられる人か、どうか。

    せっかくの気配りもこれ見よがしにされてしまうと、逆効果になる場合もあります。どんな気配りも相手のことを考えられるかどうかがキーになりますね。いくら良いといわれることでも、相手が望んでいなければただのお節介ですからね。相手がどのようなことを望んでいるのか、想像してみましょう。相手のもとめる何かに、少しでも近づこうとしている姿もさりげないかと思います。

  • 想像力を働かせよう

    こんな時、相手はどう思うのかな?

    どうすれば相手が喜んでくれるか?自分だったらこんな時どうして欲しいか?もし相手が自分にしてくれたら、どんな気持ちになるのか想像してみましょう。相手を思い、想像力を働かせてみることが、気配り上手への近道になるでしょう。

  • この記事
    をシェア

  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • google+でシェア
  • はてぶでシェア