どっちが痩せる!?「ダイエット食品」VS「手作りおやつ」

痩せたい、でも食べたい!そんなとき、手軽に食べられるダイエット食品と、手間ひまかけた手作りおやつ。どっちがいいかなんて誰も教えてくれないけど、実は本当に痩せたいなら食べるべきなのはコレ!…まあ、本当に痩せたいなら、食べないのがいちばんだけどね(笑)

  • この記事
    をシェア

  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • google+でシェア
  • はてぶでシェア
  • ダイエット食品とは

    人気のシェイク

    甘いフルーツシェイクにダイエットクッキー、カロリーオフのアイスやケーキ。ポテトチップスにもカロリーカットのものがたくさんあるから、毎日ダイエッターなわたしたちには嬉しいもの。でも、実はダイエット食品ってカロリーや糖質がしっかり入っているものも多い。満腹感を得るために、添加物が入っていることも……もちろん安全な材料を使っているけど、後味や満腹感は普通の食事とは違う。

  • ダイエット中の手作りおやつって?

    おからクッキー

    ダイエット中、手作りおやつを食べる人って結構少ない。自分で作るのは面倒だし、ダイエットに専念したいからと食事はきっちり作っても、おやつは市販のダイエット食品で済ませるって人が多いのだ。でも、手作りおやつこそダイエットに必要なもの。おやつを食べないでダイエットする方が痩せるけど、できるもんならみんなやってる。長続きしないなら、ちょっとの間食を許して自制して行くのが賢いやり方かも。

  • 手作りおやつ、どうしてイイ?

    ケーキも手作り?

    おやつを手作りすると、もちろん材料を見ることになる。使っている砂糖の量、卵の量、いろんなものの量が目で見て分かる。すると、どのくらい食べてもOKか、自然と考えるようになる。誰でも砂糖の山を見れば、「流石に半分で止めておこ……」ってなるでしょ?それに、長く甘い匂いを嗅ぎながら料理をすることで満足感が得られる。買ってきたおやつなら、袋を開けてぱくぱくっと食べてはい終わり、だから食べた気がしない。手間ひまかけておやつを楽しむことがダイエット成功へのカギになる。

  • 時間がなくても大丈夫、水切りヨーグルトを試してみて

    水切りヨーグルト

    ダイエットはしたいんだけど、どうしても時間がない……。そんなあなたは「水切りヨーグルト」を作ってみて。材料はプレーンヨーグルトと、ボウル・ざる・キッチンペーパーだけ。重ねたザルとボウルに、キッチンペーパーを敷いてヨーグルトをのせて一晩待てばクリームチーズのような食感に!これだけでメープルシロップやフルーツなどを混ぜて食べられる手軽なおやつに。カロリーの高いソースやフルーツ類はあとから足していく形になるので、否が応でも量の調節が出来るでしょ?

  • 上手におやつ、上手にダイエット

    時と場合で使い分け

    もちろん、毎日食事をしっかり作っておやつまで作れるとは限らない。忙しい日には、ダイエット食品に頼るのもアリだ。上手に使い分けて、食への執着を捨てるのが良いだろう。ただ、おやつを手作りできるときには、自分のカラダをゆっくり見つめる余裕を持ってダイエットするのがおすすめ。せっかく痩せてもギスギスの心では、デブスからガリガリのブスになるだけだもの。

  • この記事
    をシェア

  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • google+でシェア
  • はてぶでシェア