スピーチやプレゼンが上手になる方法

スピーチやプレゼンが上手になれば会社での評判があげるだけでなく、人付き合いにだって活用できます。スピーチのプロに習うプレゼン力を身につけて社会的レベルと上げていきましょう。

  • この記事
    をシェア

  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • google+でシェア
  • はてぶでシェア
  • プレゼンやスピーチへの苦手意識を考え直す

    スピーチが苦手なのは日本人ならでは?

    日本社会では、どちらかというと失敗の回避が評価されてしまいます。その中で、チャレンジに恐れず成功に向けて考える人になるのは多少勇気のいることとなりますが、やりきれば、大きな成功を手にすることができるでしょう。日本人はスピーチが苦手!というのは、傷つきたくないといった後ろ向きな意識が原因と言われています。

  • では、具体的に上手くなるためには?

    スピーチやプレゼン力を高める

    日本社会の全体が苦手と言うことは、周りにいい見本がいなかったというだけのことです。実は簡単なことで、スピーチやプレゼンの上手な人の真似をしていって学んでいくことがもっとも早く身につけることができるのです。初めは見本通りにしていけば、徐々に自分らしさも出てきます。

  • 話し上手な著名人を見本にする

    プレゼンが上手な人に習う

    もっとも、プレゼンが上手いとされているのがアップル社のスティーブ・ジョブスです。明確でシンプルな内容は、相手に伝わりやすいです。話し上手なら、マイケル・ジャクソンも同じです。
    だからこそ、世界中をひきつけることができたのでしょう。

  • スティーブ・ジョブスさんの技

    スティーブさんをまるまる真似するのはいい勉強になります。

    テーマを明確に短文で示す、棒読みにならないために抑揚をつけ情熱を見せる、プレゼンの概略を示す、数字に意味を持たせる、機能ではなくメリットを売り込む、忘れられない瞬間を演出する、視覚に訴えるスライドを用意する、1つのショーとして見せる、小さなミスやトラブルに動じない、繰り返しリハーサルをする。

  • マイケル・ジャクソンさんの技

    マイケルさんの人を引き付けるスピーチ術

    マイケル・ジャクソンさんで有名なのが「究極の間の取り方」です。聞かせたい話の間に2秒の間をおくことで、聞き所を作り、相手に伝えやすくします。短いプレゼンを要求されたときは、一番伝えたいことだけに、間を置くと効果的です。

  • 自信に満ち溢れていると演出させるのは声のボリュームと表情

    はっきりとした声と発音と笑顔

    人の前にたつのは、誰でも緊張してしまいます。多くの視線が自分に集まることでより、恐縮してしまうことでしょう。それを、相手側に悟られてしまっては「自信のないプレゼン」となってしまいいい結果には繋がりません。声の大きさ、表情の作り方は経験をえて身につけていきましょう。

  • プレゼン、スピーチの完成度は練習量

    やっぱり、上手になるには練習がものを言います。

    なにより、大切なのは練習を繰り返し、それを経験値とすることだと思います。また、練習をこなしていたとしても本番小さなミスをするかもしれません。そんな時に、動揺を見せてはいけない強いメンタルが観客の心をうつプレゼンとなることだと思います。

  • この記事
    をシェア

  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • google+でシェア
  • はてぶでシェア