やってない?顔が大きく見えてしまうNGメイク!

メイクは小顔に見せるのがポイントですよね。一生懸命メイクしているのに、実は顔を大きく見せてしまっているなんて悲しいですよね。あなたのメイクは大丈夫?顔を大きくみせてしまっているNGメイクをご紹介します。

  • この記事
    をシェア

  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • google+でシェア
  • はてぶでシェア
  • ファンデーションしっかり塗りすぎて首の色と違ってない?

    のっぺり顔はNGメイクです

    小顔に見せるためにしっかりとファンデーションで陰影をつけてと、ベースメイクに力の入っている人、多いですよね。頑張りすぎて、輪郭までばっちりファンデーションを乗せていたら今すぐやめましょう!特に首の色とファンデーションが合っていない場合は最悪です。顔が浮き出た印象になり、顔が歩いてくる!なんて思われてしまいます。NG回避の方法は、ファンデーションは首の色に合わせて選ぶこと、そして、顔の中央部分にはしっかりとファンデーションを塗り、輪郭に向かってだんだんぼかす感じでのせていく!そうすると、自然と立体的に仕上がります。

  • 可愛く大きなまん丸チークにしていませんか?

    キュートに見えるまん丸チークもNGメイク!

    仕上げのチークは大きなまん丸でキュートに!という人、多いですよね。でも、ほっぺの上に大きいまん丸、これって丸いほっぺをさらに丸く、そして顔全体も丸く見えてしまい、デカ顔になってしまうNGメイクなんです。スッキリとした頬に仕上げたいなら、頬骨の上に斜めに、真ん丸ではなく楕円状に入れるのがポイントです。ピンクよりもオレンジ系の方が陰影がつきやすく、シャープに見えておすすめです。仕上げにくるくるっとするクセが付いている人は、今すぐ直しましょう。丸くてでかいなんてデブって見えていいことありません。

  • 眉毛の長さは大丈夫?短くカットしすぎてない?

    眉尻の長さと位置がポイントです

    眉毛。眉頭だけ残して、カットしている人、いませんか?もちろんメイクで眉を足すのだから問題はないのですが、眉毛が短過ぎると顔の両脇に余白ができるようになり、顔が大きく見えてしまいます。短くカットしてしまっているという人は、眉尻をしっかりと足すことを忘れずに。その際のポイントは、小鼻の横、目尻を通る線の延長上に置くと、ちょうどいい長さになるはずです。眉毛が長ければ小顔効果?と勘違いして、眉尻が長過ぎるメイクをしないように注意してくださいね。

  • NGメイクを克服したら・・・

    メイクとファッションで小顔効果!

    がんばりすぎほどやってしまいがちなのがNGメイク。手間暇かけているはずなのに実は、逆効果だったなんてことのないように、早めにNGメイクは克服しましょう!さらに!ファッションで小顔効果をプラスすることも忘れずに。小物やトップスの首周りの選び方ひとつで顔の大きさの印象が変わってきますよ。

  • この記事
    をシェア

  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • google+でシェア
  • はてぶでシェア