ミスった!仕事でうっかりNGメールしてしまったときの対処法

うっかりじゃすまされないけど、ミスは仕方のないこと。仕事でNGメールをしてしまったら、早急に正しい対処ができるようにしたいものです。うまくやれば、ミスもイイほうに転ぶことだって無きにしも非ず。NGメールをしてしまったときの対処法を頭に叩き込んでおきましょう!

  • この記事
    をシェア

  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • google+でシェア
  • はてぶでシェア
  • つい・・・では済まされない!感情的なメールを送ったときは?

    イラっとしてつい送ってしまったメールはNGです

    人間ですから、仕事とはいえ、イラっとしたりムカッときたりすることはあります。でも、その度にその感情を吐き出していては仕事になりません。でも売り言葉に買い言葉、ちょっと嫌味なメールに同じような言葉で返信したこと、ありませんか?送ったあとにとんでもなく後悔するものです。

    映画やドラマだったらここから恋に発展!なんてことがありますが、現実にはそんなことはほとんどなく、契約がふっとぶ!なんてこともあるわけです。イラっと来た時は、すぐにメールを返信しないこと。wordやメモ帳を開いて、一度考えをまとめて文章を作ってから見直して、と1ステップ入れて送るようにするとベストです。感情的になりやすい人は、騙されたと思ってやってみてください。どうしても怒りがおさまらない!というときは、気持ちを吐き出すメールを1回書いてみて、読んでスッキリしてから、本番用のビジネスメールを書くというのもおすすめです。

  • 相手の気分が下がるようなメールはNGです

    仕事で相手のテンション下げないで!

    知らず知らずのうちに相手のテンションを下げてしまう人っていますよね。悪気はなくても口で言うのと文字にするのとでは、受ける印象も違います。何よりメールは残ってしまうもの。何度も読み返して、どんどんテンションが落ちるなんてことがあるんです。これは社外だけではありません。社内のメールでも気をつけなければいけないことなのです。

    ミスに気づいて、ちょっとアドバイスといった時には相手を傷つけないような言葉を選んで、上手に伝えるようにしましょう。ミスはそれでなくても引け目を感じるもの。親切にアドバイスしたつもりが、揚げ足を取られたとか思われては残念です。文章で誤解を招きそうな時は、さらりと触れて詳しくは口頭でなどとするのが間違いが少なくてすみますよ。

  • ネガティブメールはNGです

    過去の仕事のミス引っ張ってきてませんか?

    ネガティブさが感じられるメールは基本NGです。やる気がない、諦めモード、言い訳が多い、相手に求めすぎる・・・など、仕事なのに前向きに取り組めないのはメールでなくてもNGですよね。過去の仕事のミスや、失敗を例に挙げて今回も無理ですなんて言葉をさらりと書いてしまったりしていませんか?前回はこうだったけど、今回はこうしていきましょう!たったこれだけで印象はだいぶ変わるはずです。やる気をなくさせることもありますが、人の心を動かすことが出来るのもメールの魅力。せっかくなら人の心を動かして会社にとってプラスになるようなメールを書いていきたいですよね。

  • 前向きなメールが書ければいい仕事が舞い込んでくる

    いい人間関係を築いていくのも仕事では欠かせないポイントです。ビジネスで良い結果を引き寄せるのは、ネガティブよりポジティブですよね。同じ内容でも、書き方ひとつ、切り口一つで結果が大きく違ってくるものです。NGメールを送ってしまう前に、NGメールを送らないように、仕事への取り組み方、メールの書き方を身につけておきましょう。

  • この記事
    をシェア

  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • google+でシェア
  • はてぶでシェア