気づかずに使ってない?蔓延している老化を招く化粧品

毎日のスキンケアは欠かさない!なのに肌はどんどん退化していると感じませんか?年齢とともにお肌は老化していくものです。でも本当に年齢だけが原因なのでしょうか?良いと思ってやっていたスキンケアには、実は老化を招く化粧品があるんです。

  • この記事
    をシェア

  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • google+でシェア
  • はてぶでシェア
  • 保湿重視の大きな落とし穴

    保湿は大切だけど…

    乾燥はお肌の老化現象を促進させる原因です。スキンケアのポイントは”保湿”と言われてます。だけど、ちょっと思い出してみてください。お肌を濡らしたとき、拭き取らないとなんだか気持ちわるいと感じたことはありませんか?しっとり保湿させた状態のお肌は、水分が多めでいつもより肌が濡れている状態。あんまり気持ちのいい状況ではないわけです。肌の表面が濡れていると、水分が蒸発するときに肌表面の角質細胞をめくれあげたり、浮きあげたりして肌表面を壊してしまいます。肌内部から逃げる水分の蒸散を促進することになり、結局お肌が乾燥する原因になるのです。

  • 防腐剤は本来の力を持った皮膚の再生能力の邪魔をする

    本来のお肌の役割を引き出して!

    品質の保持のために防腐剤を入れた化粧品が多く出ています。しかし、防腐剤は肌環境を整えてくれる重要な役割を果たす皮膚の常在菌を殺してしまっているのです。常在菌のバランスはお肌にとっても大切なこと。バランスを崩してしまったり、皮膚疾患を引き起こす原因となります。

  • ケアをしっかりやる人ほどお肌にダメージを与えている!

    お手入れ大好きだけれど・・・

    スキンケアに手を抜かない人ほど、実はいろいろな化粧品を混ぜて使って老化を招いてしまっている可能性があるのです。ステップをしっかり守って、あれもこれもと塗ったりしているうちに、肌に刺激や摩擦をたくさん与えてしまっています。時間と手間をかければかけるほど、お肌への刺激は強くなるばかり。肌バリアの破壊によって炎症してしまう場合もあるので肌へのダメージは測りしれません。

  • お気に入りがある人ほど老化を招く?

    肌は落ち着いたように感じるけれど・・・

    お気に入りの化粧品があるからこそ、スキンケアにも力が入る!という人多いのではないでしょうか?スキンケア化粧品を使って生み出した、肌のハリやツヤ、潤いは、合成ポリマーのおかげ。合成ポリマーを使った状態なら、肌は健康そうに見えるはず。しかし、実際はダメージを多く受けているので、正しくそして肌に優しいスキンケアが必要になってきます。

  • この記事
    をシェア

  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • google+でシェア
  • はてぶでシェア