私ってダメかも...仕事のミスから立ち直る方法

うっかり仕事でミスをしてしまった...失敗は誰にもあるとはいえ、やっぱり落ち込んでしまいますよね。だからといっていつまでも落ち込んでいるわけにもいきません。失敗をリカバリーするためにも、まずは立ち直ることが大切です。ミスから早く立ち直るための方法をご紹介します。

  • この記事
    をシェア

  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • google+でシェア
  • はてぶでシェア
  • まずは、気分転換&リラックスしましょう。

    リラックス&気分転換で気持ちを落ち着けましょう

    ミスをしてしまうと、なんでミスをしてしまったんだろう?また同じミスをしたらどうしよう...早くこのミスから立ち直りたい!とつい自分を責めてしまいますね。もちろん、ミスをしてしまったことは良いことではありませんし、同じミスをしないように対策を考えることは大切です。しかしそのことばかり考えていると、気持ちが混乱し、またミスに繋がってしまうことも。

    例えばフィギアスケートの選手が一度ジャンプに失敗してしまうと、その後立て続けに失敗をしてしまう、これもその典型ですね。またミスをしないためにも、まずは気分転換&リラックスをしましょう。

    具体的な方法として
    ・ゆっくりお風呂に入ってリラックスする
    ・運動が好きな人は、ランニングや水泳など体を動かす
    ・好きな音楽や映画の世界に浸る

    また、ミスをしてしまう時は心身ともに疲れていることも多いです。睡眠は十分に足りていますか?たっぷり睡眠を取ることで、心身ともに貯まってしまった疲れを手放しましょう。

  • 思っていることを言葉にしてみる

    思い浮かぶことをどんどん書き出してみましょう。

    例えば、今どんな気持ちでいるのか?どうしてミスしてしまったのか?心に浮かんでくることを言葉にしてみましょう。思い切って声に出してみても良し、紙に書き出してみるのも良し。家族や気心の知れた友達に話してみるのも良いでしょう。思いを言葉にすることで、もやもやとしていた気持ちが整理され、また自分自身を客観的に捉えることが出来るようになるでしょう。もやもやした気持ちを発散させることも大切なのです。

  • 自分だけではないと思うこと

    ミスをしてしまうと、自分はダメな人間だ...と落ち込んでしまうこともあるでしょう。確かにミスは良いことではありませんが、今回のミスで会社が倒産したわけではないはずです。

    どうして何とかなったのか、その部分に注目してみましょう。あなたはもちろん、上司や同僚の手助けがあったかもしれません。誰かが手を差し伸べてくれたから、何とかなったのではないでしょうか。手を差し伸べてくれた誰かも、きっと過去にミスをしてきているのです。ミスをしたのは自分だけではないのです。誰もが通る道であり、通ってきたからこそわかることもあると思いましょう。

    今回ミスをしたことは良いことではないけれど、ミスをしたからこそわかることもあります。自分のミスを客観的に捉え、同じミスをしないようにする。これは、自分自身の資産となりスキルアップに繋がるのです。ミスをするのは自分だけではありません。やってしまったミスを今後の自分の資産に変えていきましょう。

  • 失敗が教えてくれること

    ミスが成長させてくれるのです

    人は成功から学ぶこともありますが、失敗からより多くを学びます。誰もが出来ればミスをしたくないと思っていますが、それでもミスはなくならないのが現実です。ミスをし落ち込むこともあるでしょう。しかしそこから立ち直る度に、人は学ぶ強さを身につけるのではないでしょうか?ミスを恐れ過ぎないこと、これも立ち直るための早道の一つでしょう。

  • この記事
    をシェア

  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • google+でシェア
  • はてぶでシェア