明治日本の産業革命遺産にあやかって、明治のロマンを堪能する旅へGO!

今テレビでも話題になっている、明治日本の産業革命遺産ですが、候補地に挙がっていない明治の遺産とも言える建物が数多くあることをご存知ですか?今回は明治日本の産業遺産にあやかって、候補地関係なく、明治から大正時代にかけて、国内旅行にオススメな国内スポットを紹介したいと思います!

  • この記事
    をシェア

  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • google+でシェア
  • はてぶでシェア
  • やっぱり明治の産業といえばあの方!

    出典:GLOVER GARDEN

    明治の産業と言えば、この方の名前をよく聞くのではないでしょうか。「Thomas B. Glover(トマース・ブレーク・グラバー)」長い鎖国が終わりを告げたころ、長崎、横浜、箱館が世界に門を開きました。同時に世界の商人達は、大浦居留地の周辺に住居を構え、貿易を営みます。彼、グラバーもそのうちの一人でした。

    このグラバー園は、長崎に移り住んで貿易商達の邸宅を移築し、公開している公園です。

  • 大河ドラマ「龍馬伝」でも出てきたあの人の邸宅!

    出典元:日本の旅

    大河ドラマ「龍馬伝」の、もう一人の主人公として描かれた人物「岩崎弥太郎」。彼は三菱の創始者であり、坂本龍馬と同郷。地下浪人でありながら、三菱の初代総師となり、三菱財閥と名を馳せていきました。

    旧岩崎邸庭園は、岩崎家の茅町本邸だった建物とその庭園を公園として整備したもの。現在は洋館・和館・撞球室が残存しており、洋館部分は1896(明治29)年、三菱財閥の三代目である岩崎久彌(=ひさや 三菱創業者・岩崎彌太郎(やたろう)の長男)が建築家ジョサイア・コンドルに設計させたものです

  • 日本初の女優の邸宅は、当時の最新技術を詰め込んだセレブ邸宅!

    出典元:http://www.city.nagoya.jp/jutakutoshi/page/0000038834.html

    大正ロマンを感じられるこの邸宅。日本の初の女優、「川上貞奴」と電力王と称された「福沢桃介」が、大正から昭和初期にかけて暮らしていた邸宅を移築・復元し、貞奴の関連資料を展示するとともに、郷土ゆかりの文学資料の保存展示を行っています。

  • 明治時代の歴史ある建物が満載!明治村は歴史ロマンの宝庫!

    出典元:http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY201008090049.html

    これまで様々な場所を紹介してきましたが、いっぺんにまわろうと思うとかなり大変ですよね。そんな方にぜひ行って頂きたいのが、愛知県犬山市にある「博物館明治村」。
    明治時代の乗り物、蒸気機関も走ってますよ!
    この「明治村」は広大な敷地に、明治時代の様々な建築物を移築した野外博物館です。成長著しいこの時代の、工業・産業の粋を集めたまさに明治の宝がそこにあります。

    ここに来れば、まるでタイムスリップしたかのような感覚に浸れ、貴方を満足感で満たしてくれることでしょう!明治の薫りが漂う「博物館明治村」に行ってみてはいかがでしょうか。

  • 明治から大正時代は、文明開花の時代!

    出典元:http://nk.xtone.jp/archives/meijjimura.html

    江戸から明治に変わり、人々の生活も文明もがらりと変わったこの時代。西洋の文化を取り入れながらも、自国の文化を忘れることがなかったお陰で擬洋風建築が出来上がり、どこにもない日本独自の建築物が出来上がりました。この時代の建物からは、必死に生き抜いてきた人々の営みを垣間見ることができるように感じます。

  • この記事
    をシェア

  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • google+でシェア
  • はてぶでシェア