女上司や先輩から好かれる女性の振る舞いポイント5つ

女性は感情的で扱いにくい生き物。同じ女性でも面倒と感じることもあるよね。それが目上の人だとなおさら、腫れ物に触れるような感覚で接しなければいけないことも……。そんな女性の上司や先輩に好かれるためのポイントを紹介するわ!

  • この記事
    をシェア

  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • google+でシェア
  • はてぶでシェア
  • ■あいさつにプラス一言を

    あいさつ以上の気遣いが大事!

    例えば、朝お会いしたとき「おはようございます」と言うだけでなく、「おはようございます、今日の髪型ステキですね」と言うほうがいいのよ。まあ女上司に限らず、だけどね。基本的にどんなことプラスしてもいいけど、自尊心のある上司だから、その人の“いいところ”を見つけて褒めてあげる形にできるとベストね!

  • ■わからないことは素直に尋ねる

    問題が起きる前に質問しよう

    これは部下の立場でもプライドが高いひとにありがちなことで、わからないことがあったとき、他人に聞いたり頼りたくないと自分でどうにかしようと考えるひとがいるの。決して悪いことではないけど、こういう場合は大人しく上司に助けを求めるとイイってものよ。仕事が早く進むにこしたことはないし、上司だってプライドが高い生き物だから、頼られて悪い気はしないものよ♪

  • ■でもでもだっては使わない

    でもでもだってちゃんは面倒

    仕事について上司と話をするとき、“でもでもだって”のような「butワード」はなるべく使わないこと。自分に別の意見があったとしても、このワードを多用すると言い訳がましくなってしまうのよ。どう反応したらわからないときほど、テキトーに相槌を打っておけばいい。だって、話したいだけの場合もあるからね!あ、質問されたら、誠実に受け答えはすることよ。

  • ■まずは相手の話を聞く

    聞き上手は誰にでも好かれる

    仕事に限らず、上司や先輩と話をしているとき、相手のためを思ってよかれと思って下の立場からもアドバイスしてあげちゃうひとがいるわよね。別に悪いことではないけれど、相手によっては自分の意見を受け入れられず反論されていると感じるひともいるから要注意ね!

  • ■反論ではなく「提案」をする

    相手の自尊心を傷つけないように

    上司や先輩の話に対して、どうしても「これは自分とは違う」と感じる部分も出てくるわよね。それをどうしても相手に伝えたい場合は「でも〜〜〜」と反論するような形ではなく「(上司の名前)さんの意見を聞いて、◯◯もあるって思ったのですが、どうでしょうか?」と提案スタイルを用いるといいわね。プライドや自尊心のある上司の言うことを“まずは受け入れる”という姿勢が大事よ。

  • 目上のひとは尊重する

    プライドを傷つけないように!

    好かれる部下になるためには、紹介したポイントも大事だけど、なにより相手と誠実に向き合うことが大切。ポイントだけわかっていても、表面的にそれを用いるだけでは見抜かれてしまうわよ。女の勘は鋭いからね!

  • この記事
    をシェア

  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • google+でシェア
  • はてぶでシェア